「ギャーと聞こえた」手に“抵抗の傷”中野女性死亡

東京・中野区で20代の女性が首から血を流して倒れているのが見つかり、その後、死亡した事件で、警視庁は女性が帰宅時に何者かに襲われたとみて捜査しています。

3日午前0時すぎ、中野区中野のアパートで、友人と同居している中国人留学生の20代の女性が首から血を流して倒れているのが見つかりました。女性は病院に搬送されましたが、約2時間後に死亡しました。
近所に住む人:「ギャーって聞こえたんです。しばらくして収まったらバタバタバタ、キャーってまた」
女性は自分の部屋の前の廊下で倒れていて、警視庁は女性が外出先から帰宅した際に何者かに襲われたとみて調べを進めています。また、女性の死因は首を刺されたことによる失血死とみられ、女性の手には抵抗した時にできたとみられる傷があったということです。

amazon

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.