加藤茶さん「なりすまし」ツイート、志村けんさん訃報であいつぐ 法的問題は?

タレントの志村けんさんが3月29日、新型コロナウイルス感染にともなう肺炎のため亡くなった。志村さんと交友関係のあった著名人が追悼のメッセージを寄せ、ネットでも志村さんを追悼するコメントが多数あがった。

そんな中、ツイッター上に、「ザ・ドリフターズ」のメンバーである「加藤茶」さんを名乗ったアカウントが複数現れ、

「志村の分まで長生きしなきゃだよな ツイッターも始めて、フォローっていうの? してくれると嬉しいなぁ」

などと、志村さんを追悼する内容のツイートがされた。

しかし、これらのアカウントは、加藤さんになりすましたものだとみられる。中には、フォロワーを増やすための悪質ななりすましだと批判されているものも。加藤さんを名乗ったアカウントによるツイートは既に一部削除されているが、まだ削除されていないものもある。

SNS上で著名人になりすましてコメントすることには、どのような法的問題があるのだろうか。清水陽平弁護士に聞いた。

●なりすますこと自体の法的責任は?

ーーSNS上で著名人になりすますことには、どのような法的問題がありますか

「まず、『違法』という場合、刑事上違法な場合と民事上違法な場合があり得ます。

刑事上違法な場合とは、刑法に抵触する行為がある場合のことを指しますが、『なりすまし』を罰する法律はないため、刑法上違法だということはできません。

一般的な感覚とは異なるかもしれませんが、「なりすまし」をすることそれ自体が直ちに刑法に抵触することありません。

他方で、民事上は、『なりすまし』をすることは、なりすまされている人の氏名権やプライバシー権を侵害しているという余地があります。

氏名権とは氏名を冒用(承諾なく名称等を用いること)されないことなどを内容とする人格権です。

また、近時は『他者との関係において人格的同一性を保持する利益』を指す『アイデンティティ権』という考え方も提唱されています。

したがって、『なりすまし』の方法によっては、これらの権利を侵害する違法なものという余地があります。この場合、権利侵害を受けた人は、削除や損害賠償を求めることができます」

ーーなりすますとしても、「本人ではない」と明言している場合はどうなりますか

「『本人ではない』と明言している場合は、『なりすまし』であると言うことがそもそも難しいです。

たとえば、ツイッターではルール上、パロディアカウントというものを認めています」

amazon

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.