日米安保条約改定60年式典を開催 首相「世界の平和・繁栄保証する不動の柱」強調

改定された現在の日米安全保障条約が調印されてから60年を迎えた19日、外務省飯倉公館(東京都港区)で記念レセプションが開かれた。日本側は安倍晋三首相、茂木敏充外相、河野太郎防衛相ら、米側はヤング駐日臨時代理大使や在日米軍幹部らが出席した。

amazon

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.