沖縄で豚コレラ感染か 県や国が調査 本島中部の養豚場

豚やイノシシの伝染病、豚コレラ(CSF)の感染の疑いのある豚が、沖縄本島中部の養豚場から見つかったことが7日、分かった。現在、県や国などが検査している。陽性判定となれば、県内での豚コレラが確認されるのは1986年10月以来の33年ぶり。県は、8日午前にも結果を発表するとしている。

amazon

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.