1.5~2倍速再生は当たり前に? ネットフリックスが醸す物議と時代の必然性

ネットフリックス新たな施策とクリエイターたちからの批判
YouTube、ポッドキャスト、アマゾン・プライム・ビデオなどを視聴するとき再生速度を1.5倍速や2倍速にしている人は多いのではないだろうか。

かつて、サードパーティ・プラグインでしか実行できなかった再生速度の調整だが、いまではプラットフォームが独自に速度調整機能を導入しており、好きなスピードでデジタルコンテンツを視聴できるようになった。忙しいビジネスパーソンや学習量が多い学生に重宝されているはずだ。

世界的に見ても世の中の変化速度が上がるにつれ、コンテンツ消費において再生速度を上げるとうのは「新しい標準」になっている印象がある。YouTubeなどが独自に再生速度調整機能を追加したことが、そのことを物語っているといえるだろう。

この「再生速度調整」に関して、いま英語圏ではネットフリックスが物議を醸し注目を集めている。

amazon

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.