IR汚職、衆院解散当日に300万円 元顧問が政界工作主導

カジノを含む統合型リゾート施設(IR)事業をめぐる汚職事件で、衆院議員の秋元司容疑者(48)収賄容疑で逮捕が現金300万円を受け取ったのは、平成29年9月の衆院解散当日だったことが26日、分かった。選挙の「陣中見舞い」名目だったとみられる。贈賄容疑で逮捕された中国企業「500ドットコム」元顧問で「ブローカー」とも呼ばれる紺野昌彦容疑者(48)はIR参入を有利にするため、秋元容疑者を含めさまざまな政治家に接近、「政界工作」を主導していた。

amazon

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.