元農水次官に懲役6年 44歳長男殺害、東京地裁

東京都練馬区の自宅で6月、長男当時(44)を刺殺したとして殺人罪に問われた元農林水産事務次官熊沢英昭被告(76)の裁判員裁判で、東京地裁(中山大行裁判長)は16日、懲役6年(求刑懲役8年)の判決を言い渡した。

検察側は公判で、長男と同居を再開した5月に暴行を受け、殺害を考えるようになったと指摘し「強い殺意に基づいた悪質な犯行だ」とした。

amazon

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.