セブン、残業手当の一部を長期未払い… 1970年代から継続の可能性

セブン&アイ・ホールディングスは10日、傘下のコンビニエンスストア「セブン―イレブン・ジャパン」で、アルバイトやパート従業員の残業手当の一部を長期にわたって支払っていなかったことを明らかにした。未払い額は少なくとも4億9000万円に上るという。

 今年9月、労働基準監督署の指摘を受けて発覚した。セブン―イレブンは、未払い分を支払う方針だ。記録が残っている2012年3月以降で、全国8000店以上の従業員約3万人が対象となる。ただ、未払いは1970年代から続いていた可能性があるという。

amazon

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.