トラック、通常と違うルート道間違えた可能性 京急脱線事故

京急線の衝突脱線事故で、踏切内で立ち往生したトラックの運転手本橋道雄さん(67歳)が勤務していた運送会社(千葉県香取市)の関係者が5日、取材に応じ、トラックが通常と違うルートを走行していたことを明らかにした。

道を間違えて踏切に入った可能性があるという。

amazon

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.