JR西の運行ダイヤHPで不正改ざん…個人情報流出の恐れ

JR西日本は3日、京都・大阪と和歌山を結ぶ「特急くろしお」の一部運行ダイヤのホームページ(HP)が不正に改ざんされ、個人情報をだまし取る「フィッシングサイト」に誘導される被害に遭ったと発表した。HPを閉鎖し、被害がなかったか調べている。

 パンダのラッピングを施した「パンダくろしお」の運行ダイヤのHPで、アクセスすると、アンケートを装ってクレジットカード番号などの入力を求めるサイトに誘導されるケースがあった。1日夕に発覚し、調査してHPの改ざんと判明。2日午後5時に閉鎖した。

amazon

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.