ネットに夢中な夏を過ごした君と保護者へ ~新学期、素敵なスタートを切るために~

もうすぐ夏休みが終わります
どんな夏休みだったでしょうか。

キャンプや旅行等、新しい場所に行った人。今まで自分がしたかったことや新たなチャレンジをした人。いろいろな思い出ができた夏だったと思いますが、中にはネットで新しい経験をたくさんした人も多いのではないでしょうか。

旅行や体験は、時間と場所が決まっていますが、ネットはいつでもどこでもできます。そのため、特に夏休みは昼と夜が逆転してしまう小中高校生がたくさんいます。

今回は、この夏、ネットに夢中になってしまい、新学期を迎えるのが不安になってしまっている人に向けて書いてみます。よい機会ですので、自分の生活、自分自身を少し振り返ってみましょう。

離島で「オフラインキャンプ」ネット断食?
私はこの夏、そういう人たちとたくさん接してきました。

私は4年前から、研究室に出入りする学生達10数名と一緒にオフラインキャンプに関わっています。オフラインキャンプとは、夏休みに瀬戸内海の離島で、ネットに夢中な子どもたち10数名と一緒に4泊5日で、ネットから離れた生活を送ってみるものです。3食すべて自炊し、海水浴やカヌー、スイカ割り等、みんなで楽しい夏を過ごします。正確には「ネット断食」ではありません。1日1時間だけ、ネットを使える時間を作り、その中で自分で自分とネットについて考える機会を作ります。

このキャンプには学校に行けなくなってる子もたくさん参加しています。5日間の多くの行事の合間に、私や大学生メンターは何度も子どもの相談に乗り、子どもたちが充実した「リアルの生活」に戻るためのプランを一緒になって考えます。自分が頑張ること、保護者に協力してもらうことなど考えながら、全員が自分なりの目標を作っていくのです。そうすると驚いたことに、多くの子が自分なりの生活を取り戻してくようになっていきます。

amazon

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.