藤原竜也が自分のものまね芸人に贈ったアドバイスが最高すぎる

松田優作の「なんじゃこりゃあ!」やブルース・リーの咆哮しかり、「マネしたくなる」というのは俳優としての重要な資質のひとつなのかもしれない。

藤原が主演する映画『Diner ダイナー』(7月5日公開)は、芸人たちのレパートリーをまたひとつ増やすことになりそうだ。

「寿命縮まりますよ」
最近、芸人さんにものまねされることが多いですよね。

いっぱいあります。

内心、チッと思ってたりとか。

そんなことないですよ。今日もこれから(収録で)会うんです。

僕、ちゃんと芸人さんに言いますもん。「僕のものまねばっかりやってたら、芸人としての寿命縮まりますよ」って(笑)

もっといろんな方のものまねをやって、新しいことを取り入れていかないと。僕だってずっとカイジやり続けるかわからないじゃないですか。

amazon

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.