「重大な過ち」G20テロ対策強化の福岡空港、扉の暗証番号誤送信

福岡空港(福岡市)の運営会社「福岡国際空港」は20日、20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議(6月8、9日)に向け、警備の強化内容を記した文書を報道機関約20社に誤って送信した。本来は空港ビルに入居する企業や飲食店に送られるはずの文書で、関係者入り口に入るオートロックの暗証番号などの機密情報も含まれていた。

amazon

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.