大津園児死亡事故、トリアージの厳しい現場 助かる可能性低い黒タグ「悔しい判断」

事故の救助活動にあたった大津市消防局が京都新聞の取材に応じ、緊迫した当時の現場状況を説明した。
 「車が突っ込んで、多数の人が倒れている」。通行人の男性から最初の119番があったのは午前10時16分。9分後、現場に到着した救急隊員が目にしたのは突っ込んだ車の近くで泣きわめいたり、うずくまったりする園児や保育士の姿だった。

amazon

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.