ゴーン容疑者の妻出国 特捜部が聴取要請も応じず

日産自動車の前会長、カルロス・ゴーン容疑者(65歳)がオマーンの販売代理店に日産資金を不正に支出したとされる特別背任事件で、東京地検特捜部がゴーン容疑者の妻、キャロル氏に任意聴取を要請したが、応じずに出国していたことが7日、関係者への取材で分かった。キャロル氏は日産資金の一部が流れた会社の代表だった。特捜部は東京地裁に証人尋問の実施を請求したが、実現しないとみられる。

amazon

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.