中毒死の病院に侵入した疑い 出版社記者ら男2人逮捕

30日午後5時過ぎ、横浜市神奈川区大口通の大口病院に男2人が侵入し、病院の警備員らが建造物侵入の疑いで現行犯逮捕して神奈川県警神奈川署に引き渡した。同病院では入院患者2人が相次いで中毒死する事件があり、2人は「病院内を撮影するためだった」と容疑を認めているという。

 署によると、逮捕されたのは扶桑社記者の山崎元容疑者(46)と大学2年生の男(20)=いずれも東京都杉並区。病院側の意に反して院内に入り、事件があった4階で、男がスマートフォンで写真を撮影しようとしていたという。

 扶桑社の広報担当者は「事実を確認していないので、コメントできない」と話した。

amazon

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.