台風20号、気象庁が警戒呼びかけ

台風20号について気象庁が記者会見を行っています。

 「災害をもたらす複数の激しい現象が同時に夜間に発生するおそれがある地域があることから、ぜひ早め早めの避難をお願いします」(気象庁 黒良龍太 主任予報官)

 台風20号は23日夜にも、強い勢力を保ったまま、四国・中国・近畿地方にかなり接近し、上陸する見通しで、24日昼までの24時間に、いずれも多いところで、四国で800ミリ、近畿と東海で600ミリ、普段、雨の少ない瀬戸内海に面した兵庫県や岡山県、香川県でも200ミリから350ミリの雨量が予想されるとしています。

 大雨以外にも暴風や高波、高潮が発生するおそれがあるとして、厳重な警戒を呼びかけています。

amazon

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.