小2女児殺害、23歳男を起訴=殺人、遺体損壊罪など―新潟地検

新潟市西区の小学2年の女児(7)が殺害され線路に遺棄された事件で、新潟地検は25日、殺人、死体損壊・遺棄と強制わいせつ致死の罪などで会社員小林遼容疑者(23)を起訴した。

 地検は認否を明らかにしていない。

 起訴状などによると、小林容疑者はわいせつ目的で5月7日午後、新潟市西区内の路上で女児に軽自動車をぶつけて連れ去り、同区内の駐車場で首を手で絞めて殺害。同日、同区青山水道のJR越後線の線路内に遺体を放置し、列車にひかせたとされる。

 捜査関係者によると、小林容疑者は逮捕後の調べに対し、女児の首を手で絞めたという趣旨の供述をしているが、殺意は否認していた。女児との面識はなかったと供述している。 

amazon

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.