安倍首相、加計氏会見論評せず=米輸入制限への対抗措置に慎重―参院予算委員会

安倍晋三首相は25日の参院予算委員会で、学校法人「加計学園」の加計孝太郎理事長が記者会見で獣医学部新設問題をめぐる首相との面会を否定したことに関し、「政府としてその内容や評価についてコメントする立場にはない」と述べ、論評を避けた。国民民主党の浜口誠氏への答弁。

 同日の参院予算委は、空転していた延長国会後初めて。

 首相は愛媛県文書に記載されている2015年2月25日の加計氏との面会を重ねて否定した上、学園の獣医学部新設に関し「行政のプロセス自体に全く問題がなかったことは明確だ」と述べた。浜口氏は加計氏の証人喚問を要求した。

 一方、首相は米国による鉄鋼などの輸入制限への対抗措置について「対抗措置を取ること自体が目的ではなく、輸入制限措置のわが国製品への適用を回避するという結果を得ていくことが最も重要なことだ」と述べ、慎重姿勢を示した。 

amazon

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.