<米高校乱射>「モンスターと暮らしていたとは」寄宿先夫婦

17人が犠牲になった米フロリダ州高校銃撃事件で、銃を乱射したニコラス・クルーズ容疑者(19)は、一緒に暮らしていた友人家族には動物虐待をしていたことは隠し、ペットをかわいがる別の顔を見せていたという。「同じ屋根の下にモンスターと暮らしていたとは知らなかった」。クルーズ容疑者と弟を引き取って世話していた建設業、ジェームズ・スニードさん(48)は地元紙サン・センティネルに語った。報道によると、事件の前夜、容疑者はチーズと肉のサンドイッチを食べ、午後8時に就寝した。当日も「バレンタインデーだから学校に行かない」と言った以外、特段変化はなかったという。

 クルーズ容疑者と弟は幼少時に養子となったが、養父はその数年後、養母は昨年11月1日に肺炎で死亡。容疑者は弟と共に同月下旬から、スニード家で暮らすようになった。一家の3人の息子の1人が容疑者と親しかったためだ。

amazon

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.