「助けて」言えぬ男性高齢者 妻遺体放置事件 地域とつながり薄く孤立 佐世保

長崎県佐世保市の民家で亡くなった妻(79歳)の遺体を放置したとして、死体遺棄の疑いで同居していた夫(82歳)が1月に逮捕された。約半年にわたり周囲に気付かれなかった妻の死。背景の一つに夫の「孤立」があったとされる。事件の周辺をたどり、近年問題化する男性高齢者の孤立の現状と、高齢者の見守りの在り方について考えた。

amazon

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.