もんじゅ廃炉計画を申請 原子力機構、完了まで30年

日本原子力研究開発機構は6日、高速増殖原型炉もんじゅ(福井県敦賀市)の廃止措置計画の認可を原子力規制委員会に申請した。2022年末に炉心からの燃料取り出しを終え、47年度に建物の解体を終え廃炉を完了する。規制委が計画を認可した後に、廃炉作業が本格化する。

amazon

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.