神鋼支援を表明みずほFG社長

みずほフィナンシャルグループの佐藤康博社長は13日の決算発表会見で、神戸製鋼所の品質データ改ざん問題に関連し、「(傘下のみずほ銀行が)神鋼を今後もメインバンクとして支えていくスタンスは変えない」と語った。一方、「まだ(不正の)全容が解明されたわけではない」とも話し、外部調査委員会が進めている原因などの検証を見守る考えを示した。

 神鋼は今後、不正な製品を納入した取引先から補償などを求められる可能性がある。佐藤社長は「顧客のアクションがどのくらいの影響を財務上与えるのか、全く見通せない」と指摘した。

amazon

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.