野党、加計氏の喚問要求。外交で集中審議も

立憲民主党、希望の党など野党6党・会派は8日、国会内で国対委員長会談を行い、学校法人「加計学園」の獣医学部新設問題をめぐり来週に関係委員会で加計孝太郎理事長の証人喚問を行うよう求める方針で一致した。

 この後、衆院議院運営委員会理事会で要求した。

 学部新設は10日の大学設置・学校法人審議会で認められる方向。野党側は、これを受けて速やかに衆院の内閣委や文部科学委を開き、国家戦略特区担当だった山本幸三前地方創生担当相と松野博一前文科相らを参考人招致するよう求めた。

 自民、公明両党は8日の幹事長・国対委員長会談で、設置審の判断後に委員会質疑を行うことを確認したが、証人喚問や参考人招致には消極的。自民党の森山裕国対委員長は記者団に「(認可権者の)文科相が説明することが大事だ」として、安倍晋三首相の出席にも難色を示した。

 野党の国対委員長会談では、トランプ米大統領来日や北朝鮮危機に関する衆院予算委の集中審議開催を求めることでも一致。与党が検討している野党の質問時間短縮に反対する方針も確認した。 

amazon

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.