日本政府、韓国の元慰安婦招待に抗議

韓国政府が、7日夜の晩さん会に、いわゆる元従軍慰安婦を招待したことなどについて、政府は、外交ルートを通じて、抗議したことを明らかにした。
菅官房長官は、「一昨年の合意は、慰安婦問題の、最終的で不可逆的な解決について、日韓両国間で確認したものであり、国際社会が高く評価した。この合意が、着実に実施されることが重要で、引き続き、韓国側に対しては、粘り強く、あらゆる機会を通じて、合意の着実な実施を求めたい」と述べた。

菅官房長官は、日韓両政府が国際社会の場で、慰安婦問題をめぐり、非難し合うのを控えることを申し合わせた、2015年の日韓合意に反するとの立場を示した。
そのうえで、「外交ルートを通じて、わが国の立場をしっかり申し入れている」と述べ、韓国政府に抗議したことを明らかにした。
さらに、晩さん会では、韓国が領有権を主張している、島根・竹島の韓国の名をつけた「独島エビ」が提供されたことがわかった。
これについて、菅官房長官は「他国の要人をどのように接遇するかについて、政府としてはコメントを差し控えるが、どうかとは思う」と述べ、韓国政府の対応に不快感を示した。
こうした動きは、韓国が領有権に対する考えを、アメリカ側にアピールする狙いがあるとみられるが、菅官房長官は「日本の立場は、米国から完全理解が得られている」と強調した。

amazon

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.