<青酸連続殺人>筧千佐子被告に厳刑言い渡しか 京都地裁

近畿3府県で起きた青酸化合物による連続殺人事件で、高齢男性4人に対する殺人などの罪に問われた筧(かけひ)千佐子被告(70)=京都府向日市=の裁判員裁判の判決公判が7日、京都地裁で始まった。中川綾子裁判長は主文を後回しにして判決理由を朗読。起訴された3件の殺人罪、1件の強盗殺人未遂罪について全て成立すると認めた。検察側は死刑を求めており、厳しい刑が言い渡される可能性が高い。弁護側は全面無罪を主張していた。

公判で検察側は、千佐子被告が遺産取得などを目的として、結婚相談所で知り合った4人の男性に青酸入りカプセルを飲ませて毒殺を図ったと主張した。

 検察側は、夫の勇夫さんの殺害事件など2事件では遺体から青酸が検出されたと指摘。男性らが倒れた時や直前に千佐子被告が一緒におり、被告の自宅プランター内の袋から微量の青酸が検出されたことなど状況証拠を積み重ね、「被告が青酸を飲ませたとしか考えられない」と訴えた。

 当初病死と判断されたため警察が遺体を司法解剖せず、青酸が検出されていない2事件は、法医学者らの法廷証言を基に「搬送時の所見などから青酸中毒とみて矛盾しない」と強調した。

 一方、弁護側は青酸が検出された2事件についても警察の検査方法に問題があるとし、4事件はいずれも青酸中毒と断定できないと主張。「病死や自殺などの可能性は否定できない」と反論した。千佐子被告の自宅から青酸が検出された点についても「誰がプランターに入れたのか分からない」と疑問を呈した。

 千佐子被告が患っている認知症の影響も争点になった。検察側は公判前に実施された地裁の精神鑑定を踏まえて「軽度で問題ない」と主張。一方、弁護側は「事件当時から発症し、捜査段階の自白は信用できない。現在は裁判を続ける能力もない」と訴えていた。

 6月26日の初公判からの審理期間は、135日間に及び過去2番目に長い裁判員裁判となった。裁判員6人は10月の結審まで計37回の公判に全て出席した上で、判決まで評議を重ねた。

amazon

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.