「勤務外の付き合いイヤ」3割…新入社員調査

益財団法人「日本生産性本部」などが今春の新入社員に行った調査で、「職場の同僚、上司らとは勤務時間以外は付き合いたくない」との回答が過去最高の30・8%(昨年度比10・1ポイント増)に上った。

 分析担当者は「深夜に及ぶ飲み会の準備などが問題になった電通事件が影響した可能性もある」としている。

 調査は1969年度から実施しており、今年度は3~4月、新入社員1882人から回答を得た。

 プライベートを大切にする傾向が続いており、「仕事は人並みで十分」は57・6%と、過去最高だった昨年度の58・3%からほぼ横ばい。「仕事中心か私生活中心か」の質問では、「私生活」が14%と、「仕事」の6・9%を3年連続で上回った。最多は「両立」の79・1%だった。

amazon

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.