渋谷暴動事件の大坂容疑者を起訴へ 共犯者らの証言得る

1971年に過激派・中核派の学生らが警察官を殺害した渋谷暴動事件で、東京地検は、大坂正明容疑者(67)を殺人や現住建造物等放火などの罪で起訴する方針を固めた。勾留期限は28日。大坂容疑者は黙秘しているが、同容疑者の母親や父方の親族のDNAを採取し、本人と確認したとしている。

 地検によると、大坂容疑者は71年11月14日、東京都渋谷区であった沖縄返還協定の批准に反対するデモで、新潟県警から派遣されて警備に当たっていた中村恒雄巡査(当時21)に火炎瓶を投げつけるなどして殺害した疑いがある。当時の関係者への再聴取などの結果、同容疑者が暴動の「指揮役」だったと判断したという。

 大坂容疑者は今年5月、大阪府警が捜索した広島市内の中核派関係先で、捜査員に体当たりした公務執行妨害の疑いで逮捕された。

 警視庁公安部は今月7日、渋谷暴動での殺人容疑などで同容疑者を再逮捕。暴動現場にいた目撃者や実刑判決を受けた当時の共犯者ら約300人に改めて事情聴取した。その結果、「倒れた警察官の周りに指揮役の大坂容疑者がいた」「大坂容疑者が火炎瓶を投げろ、警察官を殴れ、と言った」という趣旨の証言が得られたという。

amazon

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.