アマゾンで一番人気の「落とし物発見器」が便利だった

Bluetoothを活用する新型デジタル機器「スマートタグ」が、2016年頃から登場し始めた。大事なモノに付けておくと無くした場所が分かる「落とし物発見器」というべき優れものだ。国内外から多くの製品が登場しているが、最近人気を集めているのがMAMORIO社の「MAMORIO」(3500円)だ。

例えばアマゾンでは、国内外のスタートアップ・ベンチャー企業の革新的な製品をピックアップする「Amazon Launchpad」内の売れ筋ランキングで1位を獲得。より一般的な「家電&カメラ」カテゴリーにおいてもスマートタグの中で唯一1000位以内に入っており、その人気度がうかがいしれる。

 見た目はシンプルなプレートながら、どんな便利な機能が詰まっているのか。開発者の声を交えつつ、他製品との違いや実際に使ってみた感想などをレポートする。

●財布に入れても邪魔にならない小型サイズ

 スマートタグ(以下、タグ)はBluetoothを内蔵した小型のガジェットで、スマホと連携して利用するのが基本な使い方。Bluetoothでスマホがタグを認識している間はスマホのGPSなどで位置情報を定期的に記録し、タグがスマホのBluetooth範囲外に出てしまうと、その旨がスマホに通知される。

 これにより、タグを付けたモノを落とした場合でも、最後に検知できた時間と場所をスマホで確認できる。そのため、このタグを財布に入れたり傘などに取り付けたりしておけば、外出中に無くしたりどこかに置き忘れたりしても、その情報が捜すときの手掛かりになるというわけだ。

 なお、タグのなかにはタグ自体が音を鳴らしたり、搭載ボタンでスマホを遠隔操作したりできる多機能な製品もある。しかし、MAMORIOはそのような機能は備えておらず、機能を絞ることでコンパクトかつ薄型なデザインに仕上げているのが大きな特徴となる。

 開発にあたりMAMORIO社長の増木大己氏はまず、既存製品の現状に着目。Bluetoothを使ったスマートタグは基本的な仕組みが共通するため、機能面で差を出しにくいことから「機能を増やすよりも“何に使うか”が大事だ」と考えた。

 そこで、増木氏が重視したのは「サイズ感」。落とし物捜しに特化させるのであれば、小さいほうがいろいろな物に付けられるので重宝するからだ。さらに増木氏は、将来的にスマートタグは別途買うものではなく「さまざまな製品に初めから内蔵されるようになる」という世界観を思い描いたことから、「とにかく小さくすることを心掛けた」そうだ。

使い方は簡単、紛失通知も問題なく届く
 機能がシンプルなだけに、MAMORIOは使い方も簡単だ。スマホアプリをインストールし、画面に従ってMAMORIOを登録すれば、基本的な設定は完了。あとは状況に応じて、「紛失」の通知タイミングを調整したり通知のON/OFFを切り替えたりするぐらいだ。

 今回、筆者のAndroidスマホ「Xperia X Compact」と連携して使い勝手を試したところ、通知タイミングを「おすすめ」設定(60秒)にしてMAMORIOから離れていくと、約1分15秒後に紛失通知が表示された。Bluetoothの検索範囲(仕様では最大30m)から出る時間を考慮すれば、とくに問題はないといえるだろう。

 ちなみに、筆者は同じくスマートタグの「Qrio Smart Tag」を自前で持っているのだが、こちらは紛失が通知されるまでに2分強かかった。内部仕様として通知タイミングを2分に設定している可能性もあるため単純に比較はできないが、Qrio Smart Tagは通知時間を変更できないので、より早く紛失に気づけるという意味ではMAMORIOのほうが使い勝手がよいといえそうだ。

電車内で落とした場合にも……
 自分のMAMORIOを紛失した場合には、別のMAMORIOユーザーのスマホから位置情報を取得できる「みんなで探す(クラウドトラッキング)」機能が利用できる。これにより、最後に記録した場所でMAMORIOを付けた落とし物が見つからなくても、別ユーザーが自分のMAMORIOの近くを通ればおおよその位置情報を確認できる可能性があるわけだ。

 これは当然、MAMORIOのユーザー数が増えれば増えるほど見つかる可能性は高くなる。逆に、ユーザーが少なければなかなか恩恵にはあずかれない機能ともいえるだろう。

 今回、東京・池袋駅のコインロッカーにMAMORIOを放置してみたところ、その日のうちに1回通知を受けることができた。すぐに見つかるわけではないものの、都市部で人通りの多い場所であれば、見つけてもらえる可能性はかなりあると感じた。

 なお、MAMORIO社では、交通機関の紛失物センターなどに専用アンテナを設置し、MAMORIOの付いた落とし物を発見できる「MAMORIO Spot」の拡大を進めている。すでに東急電鉄や相模鉄道、高島屋横浜店などで設置が始まっており、今後さらに増加していく予定だ。

 このサービスのポイントは、特定の場所に専用アンテナを設置することで、そこに集まった忘れ物や落とし物をすべて探索対象にできる点にある。「ユーザーを増やしてクラウドトラッキングのカバー面積を増やすことは大事だが、落とし物の集積地をカバーすることで、より多くの落とし物を効率的に発見できるようになるだろう」

スマホ側のバッテリー消費は?
 最後に、スマートタグで重要なポイントとなる「スマホのバッテリーへの影響」をチェックする。Bluetooth接続に加えて位置情報の取得にも利用するため、製品によっては思いのほかスマホのバッテリーを消費するからだ。

 今回、スマホのバッテリー消費量を複数回測ったところ、MAMORIOを接続した状態では、バッテリーは3時間で約1%減る程度だった。仮に1日の活動時間を15時間とすれば、単純計算で1日約5%の減少となる。もちろんこれは端末の状況によって変わってくる値だが、Qrio Smart Tagは同条件で測ると3時間で2%前後減少したので、他製品と比べて同等以上の性能といえそうだ。

 一方で、MAMORIO自体の内蔵電池は製品仕様で「約1年間」となっている。ただし、ひとつ気を付けたいのはこの内蔵電池が交換できないということ。つまり、MAMORIOは「使い切り品」となるため、電池を自分で交換できるQrio Smart Tagと比べるとそこはウィークポイントに感じた。いざというときに電池切れでは意味がないので、購入・利用にあたっては注意しよう。

 そのほか、MAMORIOでは「MAMORIOあんしんプラン」というユニークなサービスも用意している。これは、MAMORIOを取り付けた財布やカギ、バッグ、電子機器を紛失したり盗まれたりした場合に費用を補償してくれるというものだ。

 増木氏は「ハードウエア的な機能を追求するのではなく、サービスで安心感を生み出そうと考えた。企業の方向性を象徴するサービスだ」と話す。また、IoT化によって客観的なデータが取得できたからこそ、保険会社もリスク計算が可能となってサービスが実現できたとのこと。これまでに培ってきたノウハウも欠かせない要素であり、「他社が一朝一夕でできるサービスではない」と泉水氏も自信をのぞかせる。

●お守り感覚で付けてみよう

 MAMORIOは機能がシンプルなだけに使いやすく、落とし物を捜す仕組みも良くできていると筆者は感じた。スマホのバッテリー消費も十分許容範囲なので、日常的に使えるはずだ。財布に入れたり傘に付けたりしておけば、店などに置き忘れてもすぐ気づけるし、落とした場合でも、捜すときに大きな手助けとなるだろう。

 ただし、実際に物を忘れたり無くしたりしないとその本当の実用性を実感できない点や、電池交換不可の使い切り品という点などから、利用感覚としては「保険」に近いと思えた。そのため、落とし物をよくする人にはぜひとも使ってほしいところだが、「自分は財布やカギを落としたことがない」という人はあまり持つ必要性を感じないのも事実だ。

 ただ、そういった人であっても、どうしても無くしたくない大切な物には、お守り感覚で付けてみるのはありかと思う。筆者も財布やカギを落としたことは一度もないが、財布はプレゼントでもらった大事な物なので絶対に無くしたくない。また財布は、無くしたときにカードなどの手続きが面倒だったりもするので、万が一に備えてMAMORIOを入れておきたいと感じた。

amazon

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.