トレッキング中に川に転落、小4男児死亡

5日昼前、山梨県北杜市でトレッキングをしていた神奈川県の9歳の男の子が渓谷沿いの登山道から川に転落し、死亡した。

 亡くなったのは神奈川県横浜市の小学4年生・永江侑真くん(9)。警察によると、5日午前10時25分ごろ、家族3人で山梨県北杜市白州町の尾白川渓谷を訪れた侑真くんが、渓谷の入口から700メートルほど奥にある神蛇滝周辺の登山道から滑落し、約30メートル下の川に転落した。

 侑真くんは山梨県の防災ヘリが約1時間半後に川の中から救出し、甲府市内の病院に運んだが、間もなく死亡した。死因は溺死とみられるという。渓谷の登山道は滑りやすいことから、地元の観光協会が看板などで注意を呼びかけていた。

amazon

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.