週末は冬の嵐 日本海側では大雪・猛ふぶきに警戒 太平洋側で大雪の所も

強い冬型の気圧配置の影響で、16日(月)にかけては北日本から西日本の日本海側を中心に大雪となる見込みだ。ふぶきや吹きだまりによる交通の乱れ、暴風、高波に警戒が必要となる。特に14日(土)から15日(日)は、東日本や西日本の太平洋側の平地でも大雪になるおそれがある。

 日本付近は冬型の気圧配置が続いていて、上空約5000メートルには-36℃以下の寒気が北日本を中心に流れ込んでいる。
 14日以降はさらに強い寒気が流れ込む予想で、冬型の気圧配置が強まる見込みだ。

大雪
 すでに東日本や東北の日本海側を中心に大雪となっている所があるが、14日から15日にかけては、北日本から西日本の日本海側を中心に降雪が強まって、大雪となることが予想される。
 特に北陸では多い所で24時間に1メートルくらいの降雪が見込まれ、15日夕方までの総降雪量が2メートルに達するおそれがある。
 さらに、東海や近畿など東日本や西日本の太平洋側の平地でも積雪となり、大雪のおそれがあり、この大雪は16日(月)にかけて続く所がある見通しとなっている。
 東京都23区でも雪が降る所があるが、積雪の可能性は低い見込み。
【14日夕方までの予想降雪量(多い所)】
 山沿いを中心に
  新潟県 100センチ
  北陸  80センチ
  関東北部・甲信  70センチ
  東海、近畿、山陰 60センチ
  東北日本海側 50センチ
  北海道日本海側    40センチ

【15日夕方までの24時間予想降雪量(多い所)】
  北陸 80~100センチ
  東北日本海側 60~80センチ
  関東北部山沿い・甲信 60~80センチ
  東海 50~70センチ
  近畿、中国地方 40~60センチ
  北海道 30~50センチ

 大雪に伴う交通の乱れやビニールハウスやカーポートの倒壊、なだれや電線や樹木への着雪、路面の凍結にも注意が必要となる。

暴風雪・暴風・高波
 北日本から西日本では16日にかけて非常に強い風が吹いて猛烈な吹雪となり、海は大しけとなる所がある見込みだ。

【14日にかけて予想される最大瞬間風速】
 中国地方          35メートル
 北陸、伊豆諸島、近畿、四国 30メートル

【14日にかけて予想される波の高さ】
 北陸、近畿、中国地方 6メートル
 東北、伊豆、九州北部(山口県を含む) 5メートル

 その後16日にかけても非常に強い風や高波が続くため、北日本から西日本の日本海側を中心に猛ふぶきや暴風、高波に警戒が必要となる。

amazon

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.