被害者は一橋大4年生=休学し世界旅行中―コロンビア邦人殺害

コロンビア中部メデジンで19日に殺害された日本人男性は、一橋大社会学部4年の井崎亮さん(22)と判明した。

同大が21日、明らかにした。

一橋大によると、井崎さんは4月に休学届けを出して、発展途上国を中心に世界各地を回っていた。21日に家族と連絡を取り、事件に巻き込まれたことを確認したという。

地元メディアなどによると、井崎さんはメデジンに到着した19日、食料を買いに出た際に路上で強盗に襲われ、携帯電話とタブレット端末を奪われた。取り返そうと追い掛けたところ、拳銃で2発撃たれ殺害された。容疑者は若い2人組とみられ、逃亡しているという。

井崎さんのものとみられるブログによると、井崎さんは大学4年の1年間を休学し、2月から就職活動が始まるまで世界中を回る予定だった。ブログには、東南アジアやアフリカなどを訪れて感じたことがつづられ、最後の更新となった今月16日付の記事には「次はコロンビアへ! ついに南米上陸です! 楽しみ!」と書き込んでいた。

一橋大は「前途有為な学生が志半ばにして亡くなられたことは痛恨の極みだ」とコメントしている。

amazon

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.