女性暴行事件で起訴の男、犯行後に鹿児島県警が採用

5年前、鹿児島県で当時21歳の女性の自宅に侵入し乱暴したとして14日に起訴された鹿児島市の無職・中井豪被告(29)が、犯行後、鹿児島県警に警察官として採用されていたことがわかりました。

中井被告は、警察署で数年間勤務した後、一身上の都合を理由に退職していて、県警は「採用の際には警察官として適正か判断するための調査はした」としています。

amazon

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.